日本語の深層: 〈話者のイマ・ココ〉を生きることば

Front Cover
筑摩書房, 2011 - Japanese language - 254 pages
過去を示す「た」で結ばれる文章の中に「る」「ある」など現在形の文章が混入することに、なぜ私たちは矛盾を感じないのか。それは、話者の意識に現前し、話者の現在に喚起される日本語特有の「過去」だからである。この生々しい現前を尊ぶ感性は、記述の根拠を話し手の“イマ・ココ”に置く視点を育み、話者の心の中に生起する物事を感受し合う言語文化を醸成してきた。“イマ・ココ”に始まるまったく新しい日本語論。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information