新自由主義の復権: 日本経済はなぜ停滞しているのか

Front Cover
中央公論新社, 2011 - Japan - 254 pages
「市場競争を煽って格差を拡大し、日本の伝統を破壊した」「世界金融危機を引き起こした元凶」―現在の日本において、新自由主義ほど批判される経済思想はない。だが、その見方は本当に正しいのだろうか。本書では、「小泉改革」や世界金融危機の再検討、さらに日本経済史を通じて、その誤解をとく。そのうえで、新自由主義の思想に基づき、社会保障改革から震災復興まで、日本経済再生のビジョンを示す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information