中国が愛を知ったころ: 張愛玲短篇選

Front Cover
岩波書店, 2017 - 184 pages
「公平?人と人との関係に、公平なんて二文字はもともとありえないわ。」逃れえぬ想いの先に、彼女たちは何を見たのか。家族制度と自由恋愛。経済と感情。せめぎあう愛のかたちと、そのゆくえ。日本占領下の上海に彗星のように現れ、今なお世代を超え、中華圏で熱狂的に読み継がれている張愛玲。本邦未訳の三作品からなる短篇選。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information