別れ

Front Cover
水声社, Oct 10, 2013 - 163 pages
田舎町のホテルにひとりの男がやって来た。無愛想な人柄...若い娘との待ち合わせ...妻子の来訪...町人たちは噂し、疑り深い語り手は男の背景にひとつの物語を紡いでいくのだが...語り手の視点から言葉巧みに読み手を作品世界へと誘い、作者自らこの作品を偏愛した秀逸な中編。表題作のほか、モンテビデオで起きた実話を憎愛と復讐の物語へと変貌させた「この恐ろしい地獄」。婚礼というオブセッションに取り憑かれた狂女を幻想的に描いた「失われた花嫁」の傑作短編を収録。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information