固体物理の基礎下2: 固体の物性各論

Front Cover
本書は最も新しいそして完璧なまでによく整理された固体物理学の教科書である。本巻では固体が示す種々の興味ある性質が基礎理論の応用として詳述されている。まず均質な半導体および不均質な半導体の性質が論じられるが、これは固体エレクトロニクスの基礎をなすものである。ついで結晶格子の欠陥全般についての概説があり、続いて磁性体論が3章にわたって展開される。最後の超伝導体の章はこの難解な現象をわかり易く理解させてくれる他に類を見ない解説である。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information