食卓で読む一句、二句。: お腹がぐぅーと鳴る、17音の物語

Front Cover
ワニブックス, 2021 - 224 pages
俳句を知らない人も、楽しめる!
好評だった前作『寝る前に読む一句、二句。』に続く、
第2弾のテーマは「食卓」。

『プレバト!!』の俳句コーナーで大人気の
夏井いつきさんが、古今の名句をセレクトし、
実妹である俳人、ローゼン千津さんと歯に衣着せぬ姉妹トークを展開します。


肉ダネがぱんぱんに詰まってはち切れそうな「夏井家特製肉餃子」や、
夫ケンコーさんが作ってくれる、ほくほくの「ニンニク丸揚げ」など、
夏井さんの日常を彩る好物や、
スイスの五つ星ホテルがサーブする「完璧な果物」、
NY・マンハッタンのセンチュリークラブの「ドーバーソール」等、
妹ローゼンさんが体験した、めくるめく美食・珍食の数々など
読むほどにお腹がすくエピソード。
そして、
夏井家のおふくろの味、「味のしない弁当」の由来や、
晩年の父と過ごした年の暮れ、「ニシン蕎麦」の思い出など、
忘れがたい、家族の食卓と味の記憶。

愉快な食の話は、いつしか人生観の核心へ。
俳人姉妹が、全25句、腹一杯語り尽くします。

その他、夏井さんが食をテーマに書き下ろしたコラムも収録。
胃袋から元気になれる、味わい深い一冊です。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information