蛇儀礼

Front Cover
岩波書店, 2008 - 204 pages
ドイツの美術史家ヴァールブルク(一八六六‐一九二九)が見た世紀末アメリカの宗教儀礼。蛇は恐怖の源か、不死の象徴か。プエブロ=インディアンの仮面舞踊や蛇儀礼は、やがてギリシア・ローマやキリスト教の蛇のイメージと交錯し、文化における合理と非合理の闘争と共存を暗示する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information