響きの考古学: 音律の世界史からの冒険

Front Cover
平凡社, 2007 - Music - 282 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
響き、音、そして音楽。ひとはそこに何を見出し、求め、愛してきたのか。本書は、音律という「音の基準」をフォーカスに、古代のギリシアや中国、アラブ、西欧における多様な音律の歴史を縦横に探索し、平均律という近代の欲望から自由な、これからの音楽の可能性へと誘う注目の書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information