全集編者の読むニーチェ: グロイター版全集編纂の道程

Front Cover
ナチスに利用されたニーチェ、妹エリーザベトによる私物化...。著者モンティナーリらのイタリア語訳の計画は、ねじ曲げられた全集原本を前に、急遽、自分たちで全集を編む方針へと変更された。多様に解釈されるがゆえに利用されたニーチェを、遺稿の精査から始まる歴史的、文献学的な手法でニーチェ自身にとり戻す。寄稿文、講演による大仕事の顛末とその成果。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information