オスマン帝国と立憲政: 青年トルコ革命における政治、宗教、共同体

Front Cover
名古屋大学出版会, 2011 - Turkey - 464 pages
個人に基礎をおく憲法体制と民族的宗教的少数集団の権利主張、共和主義と共同体主義、公と私とが鋭く対立する中での国民統合という、今なお解きがたい問題に果敢に挑戦したオスマン立憲政のアクチュアルな試みを跡づけ、近現代の世界史像に修正をせまる力作。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information