理学療法士のための運動処方マニュアル

Front Cover
奈良勲, 大成浄志, 川口浩太郎
文光堂, 2002 - 333 pages
本書は、序、実地編、基本編から構成されている。序では運動の効用と弊害、実地編では健康維持・増進のための運動処方とその対象となる各種疾患、そして基本編では運動生理学的基礎と運動処方に関連した基本的知識を紹介している。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information