戦国武将と連歌師: 乱世のインテリジェンス

Front Cover
平凡社, Nov 14, 2014 - Bushido - 226 pages
戦乱の時代にはあやしい異能者が跋扈する。戦国時代に最も活躍した「連歌師」もその一種であった。彼らはただ和歌や連歌を詠んだり指導したりしていただけではない。諸国を廻り、武将間のメッセンジャーやネゴシエイターをつとめ、困窮する公家のサイドビジネスの口利きをするなど、「裏稼業」を通じ、戦国の世に欠かせない存在となっていった。芸能人という身分で戦乱の世を駆けめぐった連歌師。その行動と軌跡は、乱世の裏面をうかがわせる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information