ヴァーグナーの「ドイツ」: 超政治とナショナル・アイデンティティのゆくえ

Front Cover
青弓社, 2009 - 406 pages
音楽によって「真のドイツ」を打ち立てようとした作曲家リヒャルト・ヴァーグナー。三月革命や統一戦争で国家の輪郭が激しく揺れ動いた時代、複数の「ドイツ」がせめぎあうなか、超政治としての芸術を実践した彼の「ドイツ」はいったいどこに向かったのか。19世紀ドイツのナショナリズムを新たに問い直す音楽史。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information