消えた黒猫は知っている: 探偵チームKZ事件ノート

Front Cover
講談社, 2018 - 356 pages
目の前で割れた小瓶。そこには美しい青い粉が入っていた。その小瓶を落とした少年と再会した彩は声をかけるが、少年は何も落としていないと言い張るのだった。一方、若武は1週間のKZ会議を計画。皆で出かけた美術館には、戦国時代の奇妙な話が伝わっていた。当時の姫の肖像画に違和感を抱いたKZの調査が始まる。果たして消えた黒猫はどこに、そして青い粉の正体は!?対象年令:小学上級・中学から。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information