プリンシピア自然哲学の数学的原理, Volume 2

Front Cover
講談社, 2019 - 373 pages
第2編では、流体力学の諸問題が説かれている。ニュートンはまず、抵抗が速度、あるいは速度の自乗に比例するものとして問題を取り扱った。ついで、重力の作用の下での流体の釣合について論じ、流体内における波動の研究がこれに続き、それから惑星運動の原因とされたデカルトの「渦動論」の検討へと進み、二、三の簡単な命題によってみごとにこれを否定した。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information