承認と包摂へ: 労働と生活の保障, Volume 2

Front Cover
大沢真理
岩波書店, 2011 - Sex discrimination against women - 222 pages
骨折りや苦心が適度に分担され、同僚や家族に認められ、順当に報われること、そして労働の場と生活の糧が保障されること。人間が生きていくうえで欠くことのできないこれらの課題を、社会科学の観点から追究し、学問と暮らしが接する面を広げ、ジェンダー・バイアスのない新たな承認と包摂のあり方をめざす、経済学、社会政策、労働法学、社会学、政治学の試み。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information