はじめてのゲーム理論: 2つのキーワードで本質がわかる

Front Cover
講談社, 2012 - Game theory - 222 pages
経済学の分析道具として発展したゲーム理論は生きるための多くの知恵も与えてくれる。「利己的な人」を想定したナッシュ均衡と、「全員の利益」を最大化するパレート効率性が一致しないジレンマ。その解決のために考えられるさまざまなメカニズム・デザインと、理想のルール設計は不可能であるとする不可能性定理―人間社会の限界をも示唆するゲーム理論を学んで、したたかに生きよう。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information