福岡伸一、西田哲学を読む: 生命をめぐる思索の旅動的平衡と絶対矛盾的自己同一

Front Cover
明石書店, 2017 - Life sciences - 353 pages
「動的平衡」概念の提唱者・福岡伸一氏(分子生物学者)が、西田哲学の継承者・池田善昭氏(哲学者)を指南役に、専門家でも難解とされる西田哲学を鮮やかに読み解く。その過程で2人の碩学は生命の真実をがっちり掴む1つの到達点=生命の定義=にたどり着く...。西田哲学を共通項に、生命を「内からみること」を通して、時間論、西洋近代科学・西洋哲学の限界の超克、「知の統合」問題にも挑んだスリリングな異分野間の真剣“白熱”対話。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information