記念碑論争: ナチスの過去をめぐる共同想起の闘い(1988~2006年)

Front Cover
社会評論社, 2009 - 459 pages
2005年5月、ベルリンの壁解体後の広大な空間に「虐殺されたヨーロッパのユダヤ人のための記念碑」が建てられた。しかしそれは最初から激しい論争の中にあった。なぜ「ユダヤ人」だけが記念されねばならないのか、なぜその場所なのか、なぜモニュメントなのか...。厖大な資料から多規にわたる論争が浮上させた問題群を解読。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information