中国古代王朝成立期の考古学的研究

Front Cover
鹿島出版会, May 10, 2000 - China - 268 pages
本書は、筆者が十年来、折にふれて書いてきた論文を、体系的にまとめなおしたものである。それらは、そのときそのときの問題意識を反映した研究成果であるために、たとえば、時間ひとつをとってみても、新石器最晩期の竜山文化の時代から殷代前期の二里岡文化の時代に至るまで、長期におよぶ。内容も多岐に渡っている。だが、そこには、中国最古の王朝とみなされる殷王朝が成立していく過程をあきらかにしようとする一貫した意図が流れている。十年の研究をひと区切りとして、これらを一書にまとめようと思い立ったのもこのような理由による。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information