名誉と暴力: アメリカ南部の文化と心理

Front Cover
北大路書房, 2009 - 216 pages
南部に顕著な暴力性は、高い気温や奴隷制度、経済格差で説明されてきたが、著者らはこの地域に特有の「名誉の文化」に由来するという。名誉と暴力―この正反対の性質のようにみえる2つを分かちがたい社会規範としているアメリカ南部の人々の行動を、個人の生理反応からフィールド実験、人口統計、社会政策までを検証することで明らかにした文化心理学の先駆的研究。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information