不協和音3: 刑事の信念、検事の矜持

Front Cover
PHP研究所, 2021 - 304 pages
刑事になった兄・祐介と検事になった弟・真佐人、別々に育てられた二人は京都で再会し、時に反目し、時に協力し合いながら、日々巻き起こる事件の真相を追っていく。そんな二人の前に、三十一年前、刑事だった父が生み出したといわれる「冤罪事件」の鍵を握る人物が現れる。当時、父が逮捕した男は本当に無実だったのか。真犯人は存在するのか―。意外な真相が胸を打つ、連作ミステリー。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

About the author (2021)

作家

Bibliographic information