人種主義国家ドイツ: 1933‐45

Front Cover
刀水書房, 2001 - 302 pages
本書の目的は、アウシュヴィッツの罪を旧ソ連の強制収容所やヒロシマとモラル面で同列におこうとする相対化の試みに反駁することにある。問題はまず、はたして近代化理論はナチの政権に適用できるかどうかということであって、この問題に関する解答こそがこの本の中核を形成する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information