食べかた上手だった日本人: よみがえる昭和モダン時代の知恵

Front Cover
岩波書店, 2008 - Cookery, Japanese - 176 pages
食材はとことん食べつくす!モノがなければ工夫で勝負!日本の台所が激変した70年前、卓袱台の上にはシンプルな豊かさが並んでいた。実践派食文化研究家・魚柄仁之助が、飽食ニッポンへの悔恨の果てにたどりついた、近代日本食の失われたユートピア。食料クライシスを生き抜く知恵と技術の宝庫があった。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information