間主観性の人間科学: 他者・行為・物・環境の言説再構にむけて

Front Cover
言叢社, 1999 - Social sciences - 302 pages
環境生態学、生態心理学、発達心理学、建築計画学、文化人類学、家族社会学、理論社会学に視座する気鋭の研究者たちが、現代の人間経験に切実に含まれる問題群の具体から、他者、行為、物、環境などの諸言説を根底的に問い直し、来るべき人間科学の構築をめざして、執筆と横断的な討論を重ねた共同論作。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information