教養としての冤罪論

Front Cover
岩波書店, 2014 - Criminal justice, Administration of - 251 pages
裁判員制度の導入によって市民が刑事裁判をする世の中になった。いかにしたら市民は誤判を避けることができるのか?元裁判官が冤罪を日常的感覚で認識することができる新たな方法論を開示。戦後の冤罪事件を通覧し、その特徴と発生メカニズムをイメージとしてわかりやすく提示する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information