東南アジア多文明世界の発見

Front Cover
講談社, 2009 - Angkor (Extinct city) - 398 pages
インドと中国にはさまれた東南アジアは、双方の影響を受けながら多彩な歴史を刻んできた。自然に恵まれた多言語、多宗教世界の軌跡を、アンコール・ワット研究に半生を捧げた著者が探究。仏教やヒンドゥー教の宇宙観にもとづく寺院や王宮の建設と王朝興亡の真相を新史料により解明する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information