道徳形而上学の基礎づけ

Front Cover
光文社, 2012 - 410 pages
「君は、みずからの人格と他のすべての人格のうちに存在する人間性を、いつでも、同時に目的として使用しなければならず、いかなる場合にもたんに手段として使用してはならない」。多くの実例をあげて道徳の原理を考察する本書は、きわめて現代的であり、いまこそ読まれるべき書である。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information