ちいさなタグボートのバラード

Front Cover
東京外国語大学出版会, Nov 29, 2019 - 1 pages
ぼくの下は海。ぼくの上は空。曳いてきては、曳いていき、曳いてきては、曳いていく。「ぼく」はタグボート。ぼくのしごとは、港にはいってくる大型船を停泊させること。いつかぼくも、はるか遠くの海へ行ってみたいけれど...。ノーベル文学賞詩人ヨシフ・ブロツキーが子どもたちのために書いた、ちいさなタグボートの美しいものがたり。2018年国際アンデルセン賞画家賞。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information