日本史の森をゆく: 史料が語るとっておきの42話

Front Cover
東京大学史料編纂所
中央公論新社, Dec 20, 2014 - Japan - 240 pages
歴史は史料によって創られる。東京大学史料編纂所は、古代から明治維新期にいたるまでの膨大な史料を日本中から収集して研究する、国内最高峰の歴史研究機関だ。本書は、その史料編纂所に所属する「史料読みのプロ」四二名が、それぞれの専門分野から選りすぐりの逸話を集めて綴ったアンソロジーである。古代から幕末まで、歴史上の偉人も名もなき市井の人々も、悩みや喜びとともに生きたその姿が、ここによみがえる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information