アジア・太平洋戦争と石油: 戦備・戦略・対外政策

Front Cover
吉川弘文館, 2018 - Petroleum reserves - 188 pages
石油に乏しい日本は、なぜアジア・太平洋戦争に踏み切ったのか。蘭領東インドとの輸入交渉、真珠湾攻撃での洋上給油作戦、石油備蓄と需給の予測、南方からの石油輸送と海上護衛戦の実態、本土空襲と製油工場の被害などを考察。石油のほか艦船・航空機など戦備に関する豊富なデータをもとに、あらゆる資源を動員した総力戦の実態と末路を解明する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information