“新しい女”の系譜: ジェンダーの言説と表象

Front Cover
彩流社, 2003 - English fiction - 343 pages
19世紀後半の英国を賑わし、現代にも生きる“新しい女”たち。“新しい女”をヒロインにした小説を、セクシュアリティ、ヒステリー症、レズビアニズム、ジェンダーの超克などの問題から照射。イギリス小説に変容をもたらした“新しい女”の系譜をたどる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information