わが母の記

Front Cover
講談社, 2012 - Authors, Japanese - 206 pages
枯葉ほどの軽さの肉体、毀れた頭。歩んで来た長い人生を端から少しずつ消しゴムで消して行く母―老耄の母の姿を愛惜をこめて静謐な語り口で綴り、昭和の文豪の家庭人としての一面をも映し出す珠玉の三部作。モントリオール世界映画祭審査員特別グランプリ受賞ほか、世界を感動に包んだ傑作映画の原作。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information