「単元を貫く数学的活動」でつくる中学校数学の新授業プラン

Front Cover
明治図書出版, 2018 - 159 pages
数学的に考える資質・能力を育成するために、数学的活動を通して生徒が学ぶことが大切です。しかし、中学校現場では、数学的活動を重視した授業をしようと思っても、「時間がなかなか確保できない」「いつどのように実施すればよいかわからない」など、学習指導の悩みは尽きません。そこで本書では、効果的・効率的に学習指導を進めていくため、生徒に経験させたい数学的活動のつながりを意識して単元を設計して指導する方策として、「単元を貫く数学的活動」を軸に単元モデルと授業プランを提案します。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information