誰が“表現の自由”を殺すのか: ニコンサロン「慰安婦」写真展中止事件裁判の記録

Front Cover
安世鴻, 李春熙, 岡本有佳
御茶の水書房, 2017 - Comfort women - 276 pages
ニコンサロン「慰安婦」写真展中止事件から5年。写真家・安世鴻が世界的カメラメーカーのニコンを訴えていた裁判で、東京地方裁判所は二〇一五年一二月、勝訴判決を言い渡した。3年にわたる裁判で、ニコンが抗議を恐れて中止決定に至った経過や、ネット上の抗議行動が“表現の自由”に与えた影響などが明らかになった。「慰安婦」問題、表現の自由、企業の社会的責任、「炎上」と「自粛」、排外主義...日本社会が直面する課題について大きな教訓を示す事件と裁判。その全貌から、裁判闘争がもつ意義、事件の本質を考察する。誰が“表現の自由”を殺しているのか―。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information