ドメスティック・バイオレンス: サバイバーのためのハンドブック

Front Cover
原田恵里子
明石書店, 2000 - 202 pages
本書は、暴力を受けた際どのような態度で夫あるいは恋人と向き合ったらいいかにとどまらず、「別れる前に」、「家を出る」、離婚の手続きにまで発展する。読み進んでいくと、「彼が暴力をふるうのは私に落ち度があるからではないか」「女手ひとりで子どもを育てていけるだろうか」「離婚の手続きができるだろうか」「子どもの教育はどうしたらいいか」「どうせ探し出されてもっと過酷な暴力が繰り返されるに違いない」と思い悩んで、最初の第一歩が踏み出せないでいた女性たちに何かのヒントを与えてくれる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information