信州に上医あり: 若月俊一と佐久病院

Front Cover
岩波書店, 1994 - Physicians - 219 pages
すぐれた医者は病人のみならず地域社会や国の病をも治す。寒村の小さな診療所にはじまり、いまでは全国に知られる佐久総合病院。そこに敗戦直前に赴任し、「農民とともに」を合言葉に農村医療を実践してきた若月俊一。医師として、作家として人間の生と死を見つめてきた著者が、波瀾に満ちた信念の医師の半生をたどり、真の医療のあり方を問う。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information