くノ一死ににゆく: 山田風太郎忍法帖短篇全集

Front Cover
筑摩書房, 2004 - 415 pages
敵に追いつめられた甲賀の大八が自ら切り落した男根を左手に握りしめ、追手と死闘を続けながら、ひたすら江戸へ向って走るくノ一おふうのひたむきな想いを描く「捧げつつ試合」、犯された女がすべて狂ったように発情する忍法をつかう十五夜孫六の苦悩を語る「濡れ仏試合」他、エロスと人間の運命の無惨さを見つめる「試合」もの八篇。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information