インパラの朝: ユーラシア・アフリカ大陸684日

Front Cover
集英社, Jan 25, 2013 - 286 pages
広大なユーラシア大陸を横断し、イスラム圏の国々を越えてアフリカ大陸へ―。絵葉書を売るカンボジアの少女に凛とした生きる意志を感じ、排他的な印象を抱いていたイランで受けた細やかな配慮に戸惑い、ザンビアでは貧富についての議論を交わす。周囲の声に惑わされず、自らの素直な感覚を頼りに47カ国を旅した著者が綴った684日間。第7回開高健ノンフィクション賞を受賞したデビュー作。

What people are saying - Write a review

Review: インパラの朝―ユーラシア・アフリカ大陸684日 (集英社文庫)

User Review  - s-whitestone - Booklog

2013.Feb. Read full review

Other editions - View all

Bibliographic information