人はなぜ逃げおくれるのか: 災害の心理学

Front Cover
集英社, 2004 - Disaster relief - 238 pages
地震や洪水、火災などの災害に遭遇した時、身をまもるために素早く行動できる人間は驚くほど少ない。現代人は安全に慣れてしまった結果、知らず知らずのうちに危険に対して鈍感になり、予期せぬ事態に対処できなくなっている。来るべき大地震のみならず、テロや未知の感染症など、新しい災害との遭遇も予想される今世紀。本書では災害時の人間心理に焦点をあて、危険な状況下でとるべき避難行動について詳述する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information