基本の色彩語: 普遍性と進化について

Front Cover
法政大学出版局, 2016 - 273 pages
色彩・言語研究の金字塔、待望の邦訳。人間が言語を超えて焦点色の観念と基本的な色彩カテゴリーを共有していること、そして色彩を表す語には共通の進化パターンが存在することを論証した画期的研究。膨大な対人調査と言語学的再構に基づく分析は文化人類学、認知心理学などの分野にも大きな影響を与えた。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information