光と水と植物のかたち: 植物生理生態学入門

Front Cover
種生物学会
文一総合出版, May 10, 2003 - 319 pages
植物の「かたち」は、かれらが生きていくうえでどのような意味をもつのであろうか。本書は、その疑問に答えるべく、植物が備えている構造と機能が織りなす姿、つまり彼らの「かたち」を解析する生理生態学的視点とその手法を紹介した入門書である。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information