論議

Front Cover
国書刊行会, 2000 - 307 pages
エレアのゼノンが提起する難問を起点に、空間の無限分割を考案した「アキレスと亀の果てしなき競争」。ユダヤ教隠秘主義カバラの暗号解読の中に数の神秘を探る「カバラの擁護」。人間フローベールに文学者の宿命の典型を見る「フローベールと彼の模範的な宿命」。ギボンやセルバンテスを引用しつつ古典主義的作品の復権を謳った「現実の措定」。ホメーロスの数種類の翻訳を対比させながら翻訳の抱える文学的問題を論じた「ホメーロスの翻訳」。神学上の永遠の問題に挑んだ「地獄の継続期間」。―哲学、神秘主義、異端、レトリック、映画、そして文学の楽しみを縦横自在に語ったエッセー全20編を収録。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information