経済成長の世界史

Front Cover
名古屋大学出版会, 2007 - 250 pages
グローバルヒストリーの先駆的著作。経済成長の諸起源を、ヨーロッパ、日本、中国などの各国から析出、遍在する成長への性向とともに、その発展を抑制した諸要因の除去こそが決定的であることを示して、産業革命の核心的テーゼに挑戦、諸地域の経済的勃興を新たな世界史的視野で描き出す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information