文学と革命, Volume 1

Front Cover
岩波書店, Apr 14, 2006 - Russian literature - 399 pages
革命の芸術家トロツキイの、彼自身の手になる唯一の文学論集。プロレタリア体制という過渡期の芸術を、真に人間的な文化の準備段階として位置づけ、二〇年代文学を具体的、系統的に論じている。第1部では、ブローク、ピリニャーク、セラピオン兄弟、マヤコフスキイら十月革命以後の文学を扱い、革命芸術を展望する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information