感情と心理学: 発達・生理・認知・社会・臨床の接点と新展開

Front Cover
高橋雅延, 谷口高士
北大路書房, 2002 - 249 pages
本書では、感情に対する積極的な評価を軸にして、発達心理学、認知心理学、生理心理学、社会心理学、臨床心理学のそれぞれの分野における感情にかかわる研究の現状と今後の方向性を明らかにする。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information