お姫様とジェンダー: アニメで学ぶ男と女のジェンダー学入門

Front Cover
筑摩書房, Jun 10, 2003 - Psychoanalysis and folklore - 206 pages
コレット・ダウリングの『シンデレラ・コンプレックス』が刊行され、話題をよんだのは一九八二年。すでに二十年以上になるが、その間、「白雪姫」「シンデレラ」「眠り姫」などのプリンセス・ストーリーは、ますます大量に生産され、消費されている。大量に消費されるからその影響力も絶大である。本書では、ディズニーのアニメを題材に、昔話にはどんな意味が隠されているかを読み解く。いつの間にか思い込まされている「男らしさ」「女らしさ」の呪縛から、男も女も自由になり、真の男女共同参画社会を目ざす。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information