雪の練習生

Front Cover
新潮社, 2011 - Japanese fiction - 253 pages
サーカスの花形から作家に転身し、自伝を書く「わたし」。その娘で、女曲芸師と伝説の「死の接吻」を演じた「トスカ」。さらに、ベルリン動物園で飼育係の愛情に育まれ、世界的アイドルとなった孫息子の「クヌート」。人と動物との境を自在に行き来しつつ語られる、美しい逞しいホッキョクグマ三代の物語。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information