イギリス農業政策史

Front Cover
東京大学出版会, May 30, 2003 - 395 pages
本書は国家の経済活動への不介入を原則としたイギリスで、第一次大戦を契機にして農業政策が実施され、一旦は自由放任主義に戻ったものの、1930年代以降農業政策が積極的に進められ第二次大戦にいたった過程を描き出す。次いで第二次大戦中の農業政策の展開過程を詳細に追う。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information