大英帝国と帝国意識: 支配の深層を探る

Front Cover
木畑洋一
ミネルヴァ書房, 1998 - Great Britain - 284 pages
帝国意識とは、自らが世界政治の中で力をもち、他民族に対して強力な支配権をふるう国=帝国の中心国に属しているという意識である。この帝国意識は、支配する側=英本国とされる側=植民地において、どのように作用しまた変化したのか。その社会的・文化的側面を多視的に分析。文明化の使命という大義のもとに世界の四分の一を支配した大英帝国。帝国意識がもたらした影響力とその矛盾を論考する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information